本部メールマガジン第2号

*:.。。.:** *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。

母の愛で世界を救う!「日本母親連盟 マザリ―」のメルマガへようこそ!!

〜母とは子を持つ親だけでなく、次世代を育てる女性の総称です〜

*:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。

マザリ―メールマガジン第2号
                                                                  
2018年10月8日(月)

二十四節気でいうと、今日は寒露(かんろ)。
晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことを寒露と言います。暦の上では、紅葉が濃くなり、夏と冬の渡り鳥も入れ変わる頃なのに、今年は真夏のような気温で、衣替えの準備をするのもためらわれるほどですね。
三連休最後の1日、マザリ―の熱き思いをお読みいただければ幸いです。
そして、ご賛同くださいましたら、ご家族、ご友人にもご紹介ください。

【本日のメニュー】
1. 日本母親連盟に愛称ができました
2. 日常生活からパラダイムシフトする
3. スタッフ紹介 vol.3 東京支部長 白河三來さん
4. 最新の活動報告
5. 各種スタッフ・会員募集中!

ーーーーーーーーーーー

◆1.日本母親連盟の愛称ができました

スタッフ・ミーティングで当連盟の愛称が決まりました!
「母のような(motherly)」という意味の「マザリー」です。
正会員様の名称も「マザリー会員」とさせていただきます。

「日本母親連盟」といういかめしい名前よりも「マザリー」の方が言いやすくて女性好みの可愛らしい雰囲気がするから…というのがネーミングの理由です。お友達を誘うときも「マザリーのイベントに行かない?」と気楽に誘っていただけそう。
これからインスタのハッシュタグも「#マザリー」でお願いいたします。

また、可愛い「マザリー」のロゴマークもできましたので、ステッカーや缶バッヂなどのマザリー・グッズを作る計画もしています。「イベント用のうちわやTシャツ、携帯ケースも作っては?」とスタッフから次々に楽しいアイデアが提案されています。
「マザリー」をどうぞよろしくお願いいたします!

◆2. 日常生活からパラダイムシフトする

最近よく「パラダイムシフト」という言葉を耳にしませんか?
「パラダイムシフト」とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思考、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言います。

例えば、アトピー性皮膚炎を治すのにステロイドを使わない医師、藤澤重樹先生はせっけんを使わない「タモリ式入浴法」を勧めています。なぜなら、せっけんは皮膚を守ってくれる皮脂膜を壊してしまうから。そして、皮膚の番人である常在菌を殺してしまうから…。せっけんやボディソープ、歯磨き粉など私たちが「常識」として使っているものは本当に必要なものでしょうか?いえ、必要などころか、体に害を及ぼしている場合さえあるのです。

参考記事:「虫歯の原因は歯磨き粉だった!」
https://ameblo.jp/shirakawamirai/entry-12410265279.html

今年、ノーベル賞を受賞された本庶佑(ほんじょ・たすく)先生が記者会見でおっしゃった「教科書を信じるな。すべてを疑ってみることが大切!」という言葉には、大いに学ぶところがあります。『日常生活で当たり前のように使っているもの、食べているものに疑問を持つ。』そんな小さなところから、社会を変えていきましょう。

◆3. スタッフ紹介 vol.2『東京支部 白河三來(しらかわみらい)』さん

第2回のスタッフ紹介は、東京支部の白河三來支部長をご紹介します。
<白河三來プロフィール>
東京都杉並区出身。東京学芸大学教育学部卒業。
妊娠中に産科医療に疑問を持ち、自ら10ヶ条のバースプランを書いて助産院出産した経験がミニコミ誌に取り上げられ、それを機に「いいお産の日」など出産育児関係のイベント司会者を務める。その後、自身の心臓病が民間療法で治ったことから、「薬を使わないで健康になる 化粧品に頼らないで美しくなる」をポリシーに美容健康セミナーをプロデュース。進学塾の講師を務めながら、美容家としても活動。著書に「卵白洗顔*1日15円魔法の美肌術」「いくつになっても30代の美しさを保つ習慣」がある。大学4年生の息子を持つ離婚シングル。

★白河支部長からのご挨拶★

今、食べ物ひとつ取っても、添加物、農薬、遺伝子組み換え、ホルモン・抗生物質投与…と、なかなか安心できるものがありませんね。給食やワクチンの問題も同じです。国民の健康より企業の利益を重視する政府のやり方に、今まではただ身を守る方法をSNSで発信していくしかありませんでした。でも、もうそろそろ私たちが声をあげても良いのではないでしょうか?同じ志を持つ皆さんと力を合わせて、社会を変えていきたいと思います。どうぞ力を貸してください!

◆4. 最新の活動報告

①9月13日及び19日のスタッフ説明会後、続々とスタッフのお申し込みがされています。現時点で、全国のスタッフ希望者は290名ほどですが、まだまだ不足しています。全国47都道府県にひとつずつ支部を置くのが当面の目標で、只今、各地に支部設立のための準備中です。ぜひ、ご協力をお申し出ください。お待ちしております。
②会員数はメルマガ会員・正会員・賛助会員を合計して約3000名ほどになります。全国の読者の皆様、ぜひお友だちに「マザリー」を紹介して下さい。会員数は1000万人を目指しています。会員数を確保することが政治家や政党への発言権を持つことにつながります。
どうぞよろしくお願いいたします!

◆5. 各種スタッフ・会員募集中!

①■支部スタッフ募集
日本母親連盟マザリ―の仕事をお手伝いいただけるという方は、下記フォームより本部にご連絡ください。またその折に、
① 支部運営のスタッフとして仕事をしたいか
② それよりは軽度のお手伝い的な仕事をしたいか
③ 情報対策部など在宅でできる仕事をしたいか
を明記していただけますと助かります。
運営の携わり方にはピンからキリまであり、支部の代表や副代表をやりたいという方も歓迎です。そこまでやれないけど、ちょっとしたお手伝いならやりたいという方ももちろん歓迎です。支部の役割としては事務的な仕事と、会員募集、セミナーや講演会などイベントの開催、地方議員との交渉や人材探し、選挙の時に連携議員のお手伝いをすることなどがあります。
また、実務スタッフとは別に情報対策部のお手伝いをしていただくことも可能です。フェイスブックやツイッターなどを中心にネット内外で母親連盟の告知、会員募集、情報の提供などを投稿していただくような仕事です。

【本部及び支部スタッフの募集メールフォーム】
https://goo.gl/forms/AmFoS1xEeXjXF2vt1

あなたのご参加をお待ちしております!
→ご質問・お問い合わせはメールで:   nihonhahaoyajimu☆gmail.com (※☆を@にしてください。)

②■マザリ―会員募集
会員の種類には、メルマガ会員、マザリー会員(正会員)、賛助会員という形があります。いずれも、自動的にメルマガ会員に登録されます。

A.メルマガ会員・・・まずは気軽にメルマガや、情報などを受け取るだけの会員
    https://goo.gl/forms/C3H3SNdSm3wezXGg1
B.マザリー会員・・・イベントやセミナーなどへの参加、マザリーの活動に参加していただける会員
    https://goo.gl/forms/raU8FssTLkfyTaIX2
C.賛助会員・・・活動に対し、資金的な協力をいただける会員
(個人:一口1000円/月 法人:一口1万円/月)
※賛助会員につきましては、正会員登録後、下記メール宛先にご連絡ください。

*:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* *:.。。.:* **:.。

【編集後記】
今回から新しくメルマガ担当になりました浜中と申します。これから2名体制でみなさまにお届けしていきます。マザリーではこの度、可愛らしいロゴができました。ピンクの菊をかたどったMatherlyマークがみなさまのそばで末長く愛されますように。

◇ 発行・編集 : 日本母親連盟マザリ― 広報部
◇ 発行者WEBサイト : https://www.facebook.com/hahaoya.ren/
◇ 事務局 : 東京都新宿区四谷1−18高山ビル 3FB
◇ メール : hahaoya.ren☆gmail.com (※☆を@にしてください。)

 Copyright :All Rights Reserved by United Mothers Japan

 本メルマガ内のすべての文章は著作権法により保護されており、著作権は日本母親連盟に帰属します。

Follow me!