本部メールマガジン第1号

* **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** *:.。。.:** **:.。

母の愛で世界を救う
「日本母親連盟」のメルマガへようこそ!!

〜母とは子を持つ親だけでなく、次世代を育てる女性の総称です〜

* **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** *:.。。

日本母親連盟メールマガジン第1号
                                                                  
                 2018年9月23日(日)

二十四節気で言うと、今日は秋分。
この日を境に日の出は遅く、日の入りは早くなり、昼の長さが夜の長さとほぼ同じになりますね。
読書に趣味に…と、秋の夜長を楽しめる季節となります。
今日はお子さまの運動会やお稽古事の発表会がある方も多いかもしれません。
週末のひととき、母連の熱き思いをお読みいただければ幸いです。
そして、ご賛同くださいましたら、ご家族、ご友人にもご紹介ください。

【本日のメニュー】

1. 日本母親連盟ができたわけ
2. 日本母親連盟の問題意識
3. スタッフ紹介 vol.1 代表理事 阪田浩子さん
4. 最新の活動報告
5. 各種スタッフ・会員募集中!

1. 日本母親連盟ができたわけ

「今の社会はおかしい、子どもたちの健やかな未来のために安心・安全な社会を作りたい」と、それぞれに活動を続けてきた女性団体やコミュニティーのリーダーたちの思いから日本母親連盟は誕生しました。今こそ、母の力で社会そのものを変えるときが来たのです。母が子に向ける無償の愛でこの国を良くしたい! 安全な食べ物を選ぶのではなく、どれを買っても安心といえる世の中にしたい。社会問題を提起していらっしゃる医師の内海聡先生や杉田穂高先生に顧問をお願いし、また政界に詳しいブレインの方にご指導をいただき、今まで政治嫌い・政治離れしてきた女性たち・お母さんたちの生の声・本音を国会に伝えるべく活動して参ります。

2. 日本母親連盟の問題意識

 日本母親連盟は下記のようなテーマに対し、問題意識を持っています。(順不同)
今後のメルマガではこれらのテーマから一つずつピックアップし、わかりやすく説明して参ります。

・医療費の削減や薬漬け医療について
・ワクチンの功罪について
・フッ素やアマルガムなど歯科医療の問題点について
・健康保険システムの破綻について
・遺伝子組み換えや農薬、添加物、種、抗生物質など「食の問題」について
・学校給食の和食化について
・待機児童の解消について
・偏差値至上主義の教育について
・近代史教育の必要性について
・高校教育までの無償化について
・奨学金免除システムについて
・児童相談所のあり方について
・食料自給率について
・原発について
・放射能汚染土の処理について
・フリーエネルギーについて
・動物愛護法について
・生活保護の不正受給について
・消費税増税について
・働き方改革法案について
・配偶者控除について
・消えた年金について
・カジノ法案撤廃について
・国会議員の勤務態度や答弁について
・天下りについて
・水や土地の譲渡について
・外国に依存しない安全保障システムについて
・市民にとって必要なメディアについて
・憲法9条問題について

3. スタッフ紹介 vol.1 代表理事「 阪田浩子」さん

第1回のスタッフ紹介は、私たちの代表 阪田浩子をご紹介いたします。
<阪田浩子プロフィール>
東京深川生まれの江戸っ子。食と教育で世界をつなぐフードビジネスプロデュ―サー。
オフィス「しょくの達人」代表。数々の飲食店をプロデュースする傍ら、「女性が輝くと世界が輝く」をコンセプトに「マザーニア」「月輝会」「スマート・レディース・ビジネス倶楽部」など女性を対象としたプロジェクトや交流会を主宰してきた。19歳の一人娘を持つ母親でもある。

★阪田代表からのご挨拶★
一人の子どもを人間として育てあげるのに、どれだけの時間とお金とたくさんの食べ物とたっぷりの愛情が必要でしょう!?親は惜しみなく与えながら、子どもたちが幸せに暮らしていける社会を願っています。しかしながら、現実の社会では、食の安全は脅かされ、環境の汚染も加速化し、いつ戦争に巻き込まれてもおかしくないような状況に向かっています。
私達、命を育む女性たちが、黙っているのはおかしいと思います。 
「世界中の子どもたちと女性が、笑っていられる世界が、本当に幸せな世界」
人間が築いてきた歴史の中から得た文化と智慧を、正しく使い、破壊に向かうのではなく、豊かで健康な持続可能な社会になりますように、皆様と手をとり、声を上げていきたいと思います。
そして、今までの男性主導の方法とは全く違う「戦わない戦い方」、いうなれば、「北風と太陽」の太陽のような温かさを持った方法で、日本を変えていきたいと思っています。
お一人、お一人の力を合わせれば、大きな力になります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

                                                                         
4. 最新の活動報告

9月13日及び19日にNPO法人薬害研究センターにて、ボランティアスタッフを希望する方たちのための説明会が行われました。代表の阪田だけでなく、顧問の内海先生にもご登壇いただき、日本母親連盟に寄せる熱き思いが語られました。総勢65名の男女がご参加くださり、設立趣旨や活動内容、今後の予定などご理解いただきました。ご参加の皆様、ありがとうございました!しかしながら、まだまだ人数は足りておりません。引き続き、協力してくださる方を求めております!
どうぞよろしくお願いいたします。(男性のご協力も大歓迎です!!)

5.各種スタッフ・会員募集中!

■スタッフ募集
日本母親連盟の仕事をお手伝いいただけるという方は、下記フォームより本部にご連絡ください。またその折に、
① 支部運営のスタッフとして仕事をしたいか
② それよりは軽度のお手伝い的な仕事をしたいか
③ 情報対策部など在宅でできる仕事をしたいか
を明記していただけますと助かります。

 運営の携わり方にはピンからキリまであり、支部の代表や副代表をやりたいという方も歓迎です。そこまでやれないけど、ちょっとしたお手伝いならやりたいという方ももちろん歓迎です。地方支部は三人そろえば稼働することができます。支部の役割としては事務的な仕事と、会員募集、セミナーや講演会などイベントの開催、地方議員との交渉や人材探し、選挙の時に連携議員のお手伝いをすることなどがあります。
また、実務スタッフとは別に情報対策部のお手伝いをしていただくことも可能です。情報対策部というと仰々しいですが、facebookやツイッターなどを中心にネット内外で母親連盟の告知、会員募集、情報の提供などを投稿していただくような仕事です。

【本部及び支部スタッフの募集メールフォーム】
https://goo.gl/forms/AmFoS1xEeXjXF2vt1

 現在、以下の地域におきましては、支部設立メンバーとしてのお申し出をいただいております。
宮城県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・新潟県・栃木県・長野県・静岡県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・愛媛県・福岡県・長崎県・鹿児島県・岐阜県・宮崎県
あなたのご参加をお待ちしております!
→ご質問・お問い合わせはメールで:   nihonhahaoyajimu☆gmail.com (※☆を@にしてください。)

■会員募集
会員の種類には、メルマガ会員、正会員、賛助会員という形があります。
どの会員も、自動的にメルマガ会員に登録されます。

① メルマガ会員・・・まずは気軽にメルマガや、情報などを受け取るだけの会員
    https://goo.gl/forms/C3H3SNdSm3wezXGg1
② 正会員・・・イベントやセミナーなどへの参加、母連の活動に参加していただける会員
    https://goo.gl/forms/raU8FssTLkfyTaIX2
③ 賛助会員・・・活動に対し、資金的な協力をいただける会員
(個人:一口1000円/月 法人:一口1万円/月)
  ※賛助会員につきましては、正会員登録後、下記メール宛先にご連絡ください。

* **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。。.:** **:.。

【編集後記】

スタッフ説明会に参加して、ボランティアスタッフを志望された皆さんにお会いし、そのあまりの熱気に「本当に今から日本が変わっていくのだな〜」と実感させられました!

◇ 発行・編集 : 日本母親連盟 広報部
◇ 発行者WEBサイト : https://www.facebook.com/hahaoya.ren/
◇ 事務局 : 東京都新宿区四谷1−18 高山ビル 3FB
◇ メール : hahaoya.ren☆gmail.com (※☆を@にしてください。)

 Copyright :All Rights Reserved by United Mothers Japan

 本メルマガ内のすべての文章は著作権法により保護されており、著作権は日本母親連盟に帰属します。

Follow me!