MENU

トピックス

2月26日の国立市における山本太郎氏の講演で、同氏が「日本母親連盟」に言及された件につきまして、お問い合わせがありましたので、以下のように回答いたします。

1)日本母親連盟は他の政治団体、宗教団体とは一切関係ありません。

2)顧問やセミナーに来ていただく外部講師にはそれぞれの思想・信条があり、それらがまるごとイコール日本母親連盟ではありません。
それは、各大学の教授にいろいろな思想・信条の方がいるのと同じです。

3)日本母親連盟は子どもたちの未来のために、社会をよりよく変えていこうと働きかけるお母さんや女性を主体とした団体です。

今回の一件については山本太郎氏の大きな誤解がありますが、責める気も争う気もありません。

頂いたご意見(ご批判を含め)は、私たちに不足しているところを明確にしてくださったことと、有り難く受け止め、母連の在り方、目指すもの、活動方針について、より精度を高めてまいります。

日本母親連盟 代表
阪田 浩子

 

母の愛が世界を救う

日本母親連盟は、食・医療・環境・教育・保育などの問題を広く社会に投げかける啓蒙活動を行い、「子どもたちの未来のために母親や女性たちの力で健康な社会を産み出す」ことを目的としています。

「母」とは子を持つ親だけでなく、次世代を育てる女性の総称です。女性が持つ「身を捨てて尽くす力」「全力で生み出す力」「無条件で抱擁する愛の力」が、世の中を変える力になると定義し、総称として「母」と表しました。

日本母親連盟の愛称、【マザリー】とは「母のような(motherly)」を語源としています。
母が子を想うような気持ちで、社会を変えていく活動を表します。

私たちの不安・心配事

  •   農薬・添加物・GMO、なぜ規制されないの?
  • 環境 きれいな水と空気、どうやって守る?
  • 教育 学力より大切なこと忘れていませんか?
  • 保育 待機児童・病児保育・児童虐待、どうする?
  • 医療 薬漬け医療、無駄遣いじゃない?
  • 原発 本当に必要なの?
  • 戦争 日本も戦争するの?

 
~ みんなで日々の不安や将来の心配事を解決する方法を探っていきます! ~